お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

2・8独立宣言100周年記念国際シンポジウム

朝鮮3・1独立運動の導火線となったことで知られる朝鮮人東京留学生による「2・8独立宣言」が当時の東京朝鮮YMCA(現在の在日本韓国YMCA)で宣布されてから100周年を迎えます。
在日本韓国YMCAでは、2・8独立宣言の歴史的意義やキリスト教との関係、また今後の日韓市民社会がそこから何を学ぶのかについて討議する国際シンポジウムを開催いたします。
多くの皆様のご参加を歓迎いたします。

主催 在日本韓国YMCA
後援 駐日韓国大使館 韓国文化院/ソウルYMCA/在日本大韓民国民団中央本部/在日韓人歴史資料館/在外同胞財団/カトリック新聞社/キリスト新聞社/新教出版社/認定NPO法人高麗博物館

★東京会場
2019年2月9日 (土) 15時~18時30分
会場:在日本韓国YMCA
101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2‐5‐5 TEL 03‐3233-0611
講演者と講演題
●小野容照さん(九州大学准教授)「東アジア史の中の2・8独立宣言」
●尹慶老さん(韓国・漢城大学名誉教授)「韓国近代史における2・8の意義」
●徐正敏さん(明治学院大学教授)「日韓キリスト教史における2・8独立宣言と3・1独立運動」

★大阪会場
2019年2月15日(金)18時30分~21時
会場:在日韓国基督教会館(KCCホール)
544-0032 大阪市生野区中川西2‐6‐10 TEL 06-6731-6801
講演者と講演題
●金興洙さん(韓国・牧園大学名誉教授、韓国YMCA全国連盟理事長)「2・8/3・1運動と韓国のキリスト教」
●松田利彦さん(国際日本文化研究センター)「2・8宣言/3・1運動と朝鮮植民地統治体制の転換」

参加費(資料代):東京、大阪いずれも 1000円(学生500円)